川崎フロンターレの大卒ルーキー、旗手怜央はプロとして初めての公式戦となるルヴァンカップの清水エスパルス戦に臨んだ。出場時間は限られたが、1アシストを記録。勝利に貢献したものの(川崎F 5-1 清水)、本人は満足していなかった。

上写真=得意の形から長谷川の得点をアシストした旗手怜央(写真◎J.LEAGUE)

結果を残すことが大事

 出場したのは62分から。与えられた時間はごくわずか。しかしその限られた時間の中で、旗手怜央は一つの結果を出した。清水エスパルスに1点差に詰め寄られた後、相手を突き放す長谷川竜也の得点をアシストした。

 鋭い仕掛けでボックス右に進入すると、対応する相手DFより早く右足を振る。ボールは相手GKヴォルピを越え、ゴール左で待つ仲間のもとへ。パスを受けた長谷川は狙いを定めて頭を振るだけでよかった。

「一瞬の仕掛けは自分の持ち味。ペナルティーエリアでの仕掛けというのは、今後も自分自身がやっていかないといけないことだと思う。今日はそれがしっかり形となってできたので自信になりました。最初、ボールをもらった瞬間は(長谷川が)見えていたけど、抜いた後はあまり見えていなかった。でも(クロスを)上げる瞬間は竜也さんがフリーなのを確認していました」

 守備者を外す鋭い仕掛け。抜き切った瞬間にクロスを上げる判断の確かさと技術力。そして瞬時に状況を把握する能力と冷静さ。プロとして初めて臨んだ公式戦で、自身の持ち味を示し、数字も残した。

 だが、本人に満足感はない。まだ1アシスト。ポジションを確約されたわけでも、チームで居場所を確立したわけでもないと自覚する。

「まだまだです。この試合が終われば、すぐに次の試合に向けてスタメンもベンチも、試合に出るための競争が始まるので。今週またしっかり準備して、まず試合に出る権利を勝ち取ってから、次に結果を出すことを考えて、やっていきたいと思います」

 清水戦は若手主体の攻撃陣で臨み、小林悠や家長昭博はベンチスタートだった。旗手がポジションを争うのは日本有数のタレントだ。コンスタントに出場機会を得るには、彼らを上回るものを見せていく必要がある。

「結果を残すことが大事だと思う。得点でもアシストでもなんでもいいから、今日も残したかった。その意味で得点ではなかったですけど、アシストできたのはよかった」

 いま、本人がフォーカスするのは、フロンターレで出番を得て、結果を残すこと。そして勝利に貢献すること。そのために「自分のプレーをしっかり出すことが必要」だと話す。東京五輪は、あくまでその先にあるものであって、最優先で考えるものではない。

 最後に一つ聞いた。川崎Fでポジションをつかむために何が重要と考えているのか、と。旗手は即答した。

「攻撃のクオリティー、すべてを上げること。そこをしっかりやらないと」

 注目の大卒ルーキーは、地に足がついている。

取材◎佐藤 景

This article is a sponsored article by
''.