J3の福島ユナイテッドは7日、2020シーズンのキャプテンにMF田村亮介、副キャプテンにMF橋本拓門、DF河西真、FW池田昌生が就任したことを発表した。また同日、市立船橋高からFW賀澤陽友が新加入することも発表された。

上写真=今季のキャプテンに就任したMF田村亮介(写真◎J.LEAGE)

加入2年目の24歳

 キャプテンに就任したMF田村亮介は、京都アカデミー育ちの24歳。2014年に京都U-18からトップチームに昇格すると、15年は期限付き移籍で鳥栖でプレー、16年から京都に復帰し、19年に完全移籍で福島に加入した。昨季はリーグ戦全34試合に出場し、7ゴールを記録している。

 田村はクラブを通じ、「一人一人の個性を出し、個々を高め、同じ方向を向いていけるよう、率先的に声をだしプレーでも示していきます。サポーターの皆様ともコミュニケーションを取り、福島ユナイテッドFCが一つになり勝利へ繋がるチームにしていきたいと思います!よろしくお願いします!」とコメントした。

 またクラブは同日、市立船橋高からFW賀澤陽友が加入することも発表。加澤は横浜FMジュニアユースから市立船橋高に進学し、昨年の高円宮杯プレミアリーグEASTでは14試合に出場している。プロ入りが決まり、「今まで自分に携わってくださった方々への感謝の気持ちを忘れず、福島のために全力でプレーします!応援よろしくお願いいたします」と意気込みを語った。

This article is a sponsored article by
''.