J3の鹿児島ユナイテッドFCは7日、元U-17ブラジル代表のDFフォゲッチの加入を発表した。1年でのJ2復帰を目指す鹿児島はFWジョン・ガブリエルに続き、今季2人目の新外国人選手を補強した。

上写真=鹿児島への加入が決まったDFフォゲッチ(写真◎Getty Images)

年代別代表に選出されたSB

 現在24歳のDFフォゲッチは、11年にU-15ブラジル代表、13年にU-17ブラジル代表に選出された実力者。ポジションは右SBを本職とし、果敢なオーバーラップからの正確なクロスを武器とする。鹿児島は今季、長身FWのジョン・ガブリエルを獲得しており、ブラジル人ホットラインによるゴール量産が期待される。

 初の海外移籍となるフォゲッチはクラブを通じ、「鹿児島のサポーターの皆さま、こんにちは!鹿児島に入団する事になったフォゲッチです。このチームの一員になる事が出来とても嬉しく思っています。2020年が鹿児島にとって素晴らしい年になるよう一丸となってJ3優勝を目指して頑張りましょう!一丸となれば更に強くなれる!」とコメントしている。なお、背番号は2番に決まった。

This article is a sponsored article by
''.