J2のザスパクサツ群馬は24日、トップチームの活動を5月25日より再開すると発表した。新型コロナウイルスの影響により、同チームは4月1日から活動を休止していた。

上写真=群馬が活動再開を発表(写真◎J.LEAGUE)

練習前に体調確認

 クラブによると、当面は少人数のグループに分けて時間別にトレーニングを実施し、施設内の更衣室やシャワーは利用せず、飲料も選手別に分けるなど感染予防策に努めるという。またトレーニング前に健康状態申告書への記入を義務付け、日々の健康観察を継続。なお、引き続きトレーニングは非公開となる。

 群馬は4月1日、DF舩津徹也が新型コロナウイルスに感染したことを発表。その後、トップチーム関係者41人が濃厚接触者と判断され、うち3人がPCR検査を受けたが陰性判定だった。群馬県内の医療機関に入院していた舩津は、4月15日に無事退院している。

This article is a sponsored article by
''.