2月23日、明治安田生命J2リーグ第1節がケーズデンキスタジアム水戸で行なわれ、水戸ホーリーホックは大宮アルディージャに敗戦。オウンゴールで先制点を与え、山田康太が同点とするも、富山貴光に決勝点を許した。

上写真=今季は水戸で戦う山田。7番を背負い開幕スタメンに名を連ねた(写真◎J.LEAGUE)

■2020年2月23日 明治安田生命J2リーグ第1節(ケーズデンキスタジアム水戸)
水戸 1-2 大宮
得点者:(水)山田康太 (大)オウンゴール、富山貴光

「僕も秋葉監督のサッカーが楽しみ」

 J1チャンピオンの横浜FMから期限付き移籍で水戸に加入したMF山田康太(昨季後半戦は名古屋へ期限付き移籍)が、新天地で挨拶代わりのゴールを挙げた。1点ビハインドで迎えた56分、相手のクリアをペナルティーエリア内で拾い、左足でワントラップして右足を振り抜いた。ゴールネットが揺れ、ケーズデンキスタジアム水戸に詰めかけた青きサポーターは歓喜に沸いた。

「最初は左足でシュートを打とうとしたんですけれど、ボールが結構長い時間(空中に)浮いていたので、冷静になって一つフェイクを入れました。開幕戦ということもあって、相手も気持ちが入っていただろうから、まずはシュートブロックに来ることはなんとなく分かっていた。なので、冷静に一つ目はかわそうとイメージしていました。それが良い方向に働いて、シュートも落ち着いて決められたのでよかったです」

 ただ、山田のゴールで同点に追い付いたものの、終盤に大宮に勝ち越し点を許し、開幕戦で勝利をつかむことはできなかった。ボランチで90分間出場した山田は、追加点を奪うチャンスも訪れていただけに、勝ち点獲得を果たせなかった悔しさを隠せない。

「開幕戦ということもあって、勝つためにすごく準備してきたし、自信を持ってピッチに立っていた。大宮の方が(昨季の順位でも)格上と見られているかもしれませんが、僕自身はあまり負けるイメージを持っていなかった。その中での敗戦だったので、悔しいですね。チーム全体を含めて、オープンな時間が多すぎました。相手もそうですけれど、初めてJ2の試合に出てみて、もっとチームとしての時間帯が必要かなと感じました。途中からコントロールできていなかったので、もっとゲームをコントロールできていればと。もっとリーダーシップを取って、声を出して、落ち着くところがあってもよかった。自分たちが勢いよく行きたかった流れの中で、逆に失点してしまったので、そこでもっと畳み掛けることができていたら、何も問題ない試合だったのかなと思います」

 今季から水戸を率いる秋葉忠宏監督とは、年代別代表でもともに戦った間柄だ(年代別代表では秋葉コーチ)。昨年はU-20ワールドカップに臨み、ベスト16入り。水戸に加入する前からよく知る指揮官のもとで、開幕戦のスターティンメンバーに抜てきされた。

「(秋葉監督から)求められていることとかは分かりますけれど、アンダー世代のときはコーチという立場だったので、監督になってどういうサッカーをするのか、僕も楽しみです。それをしっかり吸収して、水戸がこれまで培ってきた堅い守備とか、そういうところをしっかり受け継ぎ、ハードワークする。しっかりボールを持って、相手が前から来たら裏へ出て行く。キャンプなどでも良い試合ができたし、相手を見てサッカーすることはできていると思うので、そこはみんなで自信を持ってやれています。あとは結果がついてくれば、みんなもより自信を持てると思うので、次の試合が大事かなと思います」

 世界の舞台を経験した20歳のゲームメーカーが“新生”水戸をけん引する。

取材◎小林康幸

おすすめ記事

サッカーマガジン 2020年4月号

This article is a sponsored article by
''.