J2の水戸ホーリーホックは20日、GK長谷川凌がJFLのヴェルスパ大分へ育成型期限付き移籍することが決定したと発表した。移籍期間は2021年1月31日まで。なお、2020シーズンにおける水戸との公式戦には出場できない。

上写真=ヴェルスパ大分への移籍が決まったGK長谷川(写真◎J.LEAGUE)

2年連続での武者修行

 東京都出身で現在20歳のGK長谷川は2018年に市立船橋高から水戸に加入し、プロ1年目はリーグ戦2試合に出場。プロ2年目の昨季は5月にJ3のアスルクラロ沼津へ期限付き移籍し、7月に水戸に復帰したが公式戦出場はなかった。

 長谷川は水戸のクラブ公式を通じて「この度、ヴェルスパ大分に移籍する事になりました。シーズン前の移籍となり、皆さんの前でプレーする姿を見せる事が出来なくて残念に思いますが、ヴェルスパ大分で活躍して水戸に戻ってきます」とコメント。また移籍先のヴェルスパ大分では、「九州地方に上陸したのは初めてで分からないことが多いですが、1日でも早くチームに慣れ、街にも慣れていきたいと思います。チームの目標を達成するため全力で戦います!よろしくお願いします!」意気込みを語った。

This article is a sponsored article by
''.