日本体育大のFW山下諒也が、東京ヴェルディに加入することが決まった。サッカースクール時代からジュビロ磐田のアカデミーでプレーした後、大学を経てプロ入りを実現。磐田とは今季J2で対戦することになるかもしれない。

上写真=今季の新加入が決まった山下(写真◎TOKYO VERDY)

「J1昇格へ全力で」

 1997年10月19日生まれ、静岡県出身の山下諒也は、ジュビロサッカースクール、ジュビロSS磐田、ジュビロ磐田ユースでプレーしてきた磐田のアカデミー育ち。日本体育大を経てプロ入りが決まった。なお背番号は48となっている。

 山下は東京Vのクラブ公式HPを通じて、「プロとしてのキャリアを東京ヴェルディという素晴らしいチームでスタートできることを、とてもうれしく思います」と喜びのコメントを発表。さらに「これまで指導してくれた方々や、両親、チームメイト、ケガの治療をしてくれた方々には、とても感謝しています。これから、恩返しができるように日々全力で頑張ります」と決意を新たにした上で、「東京ヴェルディがJ1昇格するために全力でプレーするので、応援よろしくお願いします」とファン・サポーターにメッセージを送った。
 
 磐田が今季J2で戦うため、対戦すれば『古巣』との一戦となる。サックスブルーではなく、緑のユニフォームでどんなプレーを見せるのか興味深い。

This article is a sponsored article by
''.