ちばぎんカップでジェフユナイテッド千葉は0-2で柏レイソルに敗れた。初陣で2失点を喫することになった新戦力のCBチャン・ミンギュはこの敗戦を糧として成長し、チームに貢献していきたいと前を向いた。

上写真=ちばぎんカップで先発出場を果たした新戦力のチャン(写真◎Getty Images)

強く闘争心あふれるプレーを

 柏のFWオルンガに先制点を決められた場面。チャン・ミンギュはCBペアを組む新井一耀との間にポジショニングされていることをしっかり認識していた。だが、中盤深い位置まで下がってボール受けた江坂任から寸分たがわぬタイミングでパスが届くことを想定できなかった。

 江坂のパスは新井を越えて、ラインの裏に抜け出さんとするオルンガの元へ。チャンは背後を取られ、先制を許すことになった。

「キャンプでやれたのは短い期間ですが、それでも合わせてきたと思っていましたが、まだまだ不足しているものがあるんだなと感じました。(守備面の問題点は?)組織力ですね。カバーのタイミングが合っていなかった。1失点目はとくに」

 新任の尹晶煥監はキャンプで、守備の構築に時間を割いた。「守備の安定」が、まずはベースになると考えているからだ。ちばぎんカップに臨んだ千葉の4バックは、右から米倉恒貴、新井、チャン、安田理大。相手が3トップで来たため、失点場面ではトップのオルンガを2CBのどちらが見張るのか、曖昧になってしまった。

 むろん、パスの出し手である江坂にプレッシャーをかけられなかったこともあり、すべてがCBの責任ではないが、それでも反省点として胸に刻まれた。

 2失点目も、チャンにとっては厳しいレッスンとして記憶されることになった。クリスティアーノと競り合い、優位なポジションにありながら体を入れられてボールを失った。それでも食い下がって背後から密着し、コーナー付近に追い詰めたが、反転を許してボックス内に進入され、失点してしまった。

 個の力で上回られた格好。昨季のJ2優勝チームであり、今季J1で戦う柏の力を、図らずも体感することになった。

「優勝チームというのは聞いていて、われわれはJ1の昇格を目標にしているので、結局はそういうチームに、このレベルのチームに勝たないといけない。試合前から、相手が優勝チームであることはあまり意識しないようにしていたんですが、力を感じましたし、簡単ではないと思いました」

 Jリーガーとしての初戦は苦い経験となった。ただ、今後のプレーに生かすことができれば、それは貴重な経験にも変わり得る。

「キャンプでやるとの、当然ながら違います。そしてJリーグを外から感じていたのと、またこうして観客がいる中でやるのとでは全然、違うとも感じました。リーグ戦もまた違うでしょう。その中で自分がどうプレーすべきか。韓国人選手らしく強く、闘争心あふれるプレーが必要になってくると思っています。(尹監督のサッカーを)選手たちが学ぼうとしていて、期間は短いですが、その割には浸透しているとも感じます。その中で自分の役割を果たしていきたい」

 日本でプロキャリアをスタートしたばかりの二十歳のCBは、そう言って前を向いた。

This article is a sponsored article by
''.