2月22日、明治安田生命J1リーグ第1節が三協フロンテア柏スタジアムで行なわれ、柏レイソルが北海道コンサドーレ札幌に勝利。江坂任とオルンガが2点を奪取。荒野拓馬と鈴木武蔵に点を返されるも打ち合いを制した。

上写真=2ゴールを挙げたオルンガら、柏の攻撃陣が躍動した(写真◎J.LEAGUE)

■2020年2月22日 明治安田生命J1リーグ第1節(三協フロンテア柏スタジアム)
柏 4-2 札幌
得点者:(柏)江坂任2、オルンガ2 (札)荒野拓馬、鈴木武蔵

江坂「まずは勝ててホッとしています」

 強い風(公式記録では『中風』)が吹く三協フロンテア柏スタジアムで、前半に風上を取った柏が先制点を奪う。13分、FWオルンガからのパスを受けたFW江坂任が左足でゴールネットを揺らす。さらに、20分にも柏の2トップが追加点をもたらす。江坂のスルーパスに抜け出したオルンガが相手GKをかわし、落ち着いてゴールへと蹴り込んだ。30分にはMF瀬川祐輔、ハーフタイムにはDF染谷悠太と、足を痛めた選手が交代を余儀なくされるアクシデントもあったが、柏が前半を2点リードで折り返す。

 後半も攻め手を緩めない柏は58分、MFクリスティアーノのパスから江坂が2点目をスコア。さらに、65分にはオルンガにもこの日2ゴール目が生まれ、リードを4点に広げる。ただ、ここから札幌の反撃に遭い、68分にMF荒野拓馬、76分にはFW鈴木武蔵にゴールを許す。2点差と詰め寄られ、77分には荒野に決定的なシュートを放たれるが、この場面はGKキム・スンギュの好守で失点を阻止。直後にキム・スンギュも交代でピッチを後にしたが、代わりに入ったJデビューのGK滝本晴彦がリードを守り切った。

 先制点を含む2ゴールの活躍を見せた江坂は、「自分も点を取れてよかったけれど、まずはチームとして開幕戦で勝てたので、ホッとしています。ただ、最後の2失点はもったいなかった。(失点)ゼロで終わりたかったです」と、勝利を喜びつつも課題を口にした。

 3人の交代枠をそれぞれアクシデントで使わざるを得なかった柏だが、昨季J2最多得点(42試合85得点)を記録した強力攻撃陣がJ1開幕戦から4ゴールをたたき出し、札幌を一蹴。両チーム合計44本のシュートが飛び交った乱打戦を制し、開幕戦で勝ち点3を獲得した。

おすすめ記事

サッカーマガジン 2020年4月号

This article is a sponsored article by
''.