2020年は、松本泰志にとって勝負の年だ。所属するサンフレッチェ広島で定位置確保を目指し、今夏の東京五輪出場も狙う。二兎を追って二兎を得ることはできるか――。若きボランチに新シーズンへの決意を聞いた。

上写真=キックオフカンファレンスにチームを代表して参加した松本(写真◎J.LEAGUE)

青山&川辺に定位置争い

――年末、年明けから代表活動があり、いつものシーズンのスタートとはかなり状況が違います。コンディションはいかがですか。

松本 休めてはいないですけど、そこは若いので大丈夫かなと。言い聞かせるしかないですけど(笑)。

――サンフレッチェ広島のキャンプには代表活動もあって途中からの参加になりました。難しさはなかったですか。

松本 みんなのコンディションが上がっていて、リフレッシュした気持ちで臨めているなとは感じました。あとは戦術の部分でも、新人選手も含めて浸透していたし、そういう面では焦りもありましたけど、今は自分も、しっかりやれたと思っています。

――昨季の序盤は試合に出ていて、コパ・アメリカを経てシーズン終盤は出番が限られました。代表活動でチームを離れる期間もある中で、広島で持ち味が出し切れないところもあったと感じましたが、実際はどうだったのでしょうか。

松本 絶対的な選手だったら、どんな状況でも使われるはずですし、そういう面で言えば、絶対的な信頼が勝ち取れていなかったというのが現実だと思います。そこで、自分のパフォーマンスに迷いが出てしまったところもありました。そこが自分で振り返っても、悔しい部分ですね。

――迷いというのは自分の持ち味を出すこととチームに合わせるという迷いですか。

松本 そうですね。どうしても今、チームがこういう状況だからこうしなければ、というふうに思いすぎてしまって。チームを尊重しすぎていた部分がありました。試合に出ていたときというのは、やっぱり自分の持ち味をしっかり出せていましたから。すべては試行錯誤した結果なんですけど、もうちょっと自分を出すことを考えるべきだったと思います。

――そういう経験を経て、新シーズンはどういうプレーを目指しますか。

松本 どんな状況になってもまず、自分のストロングポイントをしっかり出していきたいと思っています。

――タイで開催されたUー23選手権に出場し、キャンプは途中からになりました。練習でも青山敏弘選手と川辺駿選手がドイスボランチを組むことが多い中で、途中から参加することになりました。

松本 2人ともすごい選手ですし、特長もありますし、良い選手だと思いますけど、ただ自分が2人に憧れているようではポジションを取れません。自分のストロングポイントを出すことができれば、負けているとも思いませんし、ここからポジション争いをしていきたいです。

――松本選手の目から見て、今年の広島は昨年と比べてどんな変化がありますか。

松本 去年から攻撃で積み上げてきたもの、守備で積み上げてきたものを継続できていると思います。例えば攻撃に関してはより力を入れていますが、カウンターの精度が高まっていると感じるし、崩しの形もよくなっている。そこはいい意味で変化してきていると感じます。

――守備では前からボールを奪う形に取り組んでいる印象です。

松本 そうですね。今年はより前からボールを取りに行くという形をやっています。そういう面では自分自身も運動量の部分は特長だと思っているし、チームに必要とされるはずです。しっかり持ち味を示したいし、示せると思っています。

――ボランチとしてはハイプレスを実行するにあたって、前に行く、留まる、チームメイトに行かせる、フォローするの判断が非常に重要になってくると思います。そのあたりはどう考えていますか。

松本 そこは確かに難しい判断になります。自分が前に行ったら、ボールを取り切るか、最低限、触るぐらいでないと、かわされたら一気にピンチになる。仮に後ろに行かれたらプレスバックは全力でやらないと。このタイミングについてはトレーニングと試合を重ねていくしかないですけど、でもチャレンジしないとレベルは上がらないので。そこは積極的にやっていきたいと思っています。

This article is a sponsored article by
''.