2月23日、ヴィッセル神戸は本拠地のノエビアスタジアム神戸に横浜FCを迎える。神戸のトルステン・フィンク監督は平常心で勝利を目指し、横浜FCの下平隆宏監督はチャレンジ精神を持って戦うと話した。

上写真=ともに昨季途中就任し、2年目の指揮を執るフィンク監督(左)と下平監督(写真◎Getty Images/J.LEAGUE)

■明治安田生命J1リーグ第1節
 2020年2月23日(16:00)@ノエビアスタジアム神戸
 ヴィッセル神戸 vs 横浜FC

幅の広いチーム同士の対決

 Jリーグでも屈指の『幅の広さ』を持つ両チームと言えるかもしれない。神戸はワールドワイドのメンバー構成で、横浜FCは選手の年齢の幅が広い。そんな特徴のある選手たちをまとめあげている両指揮官は、どんな思いで開幕戦を迎えるのかーー。

 神戸のフィンク監督は、まだJ1リーグが開幕する前からチームをフル稼働させている。昨シーズン最後の試合として元日に天皇杯決勝を戦い、2月8日にFUJI XEROX SUPER CUPに臨み、AFCチャンピオンズリーグはすでに2試合を消化した。

 そして、いずれも勝利を飾っている。天皇杯で鹿島を破り、ゼロックス杯で横浜FMをPK戦の末に下し、ACLはホームとアウェーで勝利を収めた。フィンク監督が多士済々のメンバーを見事にまとめ上げており、「2020年の神戸、強し」を印象付ける。

 リーグでも有数のスター選手を擁する神戸だが、指揮官は開幕を前に「全員で戦う」ことの重要性を強調した。ACLで若い選手たちがのびのびとプレーしていることに触れて、「若い選手がすごくいい仕事をしてくれている。彼らの活躍は、我々のチームの考え方を示しています。スター選手に試合に出てもらって、実力を示してもらうのは当然ですが、若い選手たちの成長を示してもらわねばなりません。ですから、そういう場を与えることが必要だし、その機会に力を出してもらうように促すのが、チームの哲学でもある。それはACLの試合だけではなく、すべての試合に言えることです」と話していた。

 若手と経験豊かなスター選手が融合し、チームの勝利のために戦っているのが、2020年の神戸と言えるかもしれない。

 その点では横浜FCも同じことが言える。カズ、中村俊輔、南雄太、松井大輔ら日本のサッカーを、Jリーグを支えてきた選手たちが今なお現役で戦い、若い選手たちに経験を伝え、チームとしての成長を促している。

「やっぱり、俊輔もそうですし、カズさんも、もちろん戦力しても若い選手への影響力もありますし、試合に出れば、お客さんを呼べる選手であることも大きい。プロですから、そういうプラスアルファのところも本当に見習うべきもの。Jリーグは今、観客を呼ぶための努力を色々としていますが、人を呼べる選手というのは限られています。そういういった意味でも彼らは貴重な選手だと思っています」

 下平監督もそういって経験者たちの重要性を説く。下平監督の就任以降、ベテランから若手へ、そして若手からベテランへ、双方向で刺激し合う関係が強まった。キャンプから指揮を執ることで、そのベクトルはより濃く、太くなった印象も受ける。

 いよいよ迎えるリーグ開幕戦。神戸は初優勝を目指し、横浜FCはJ1定着への第一歩を踏み出す。

「ゼロックスも勝って、いま一番リーグの中では、強いチームであるのは間違いないと思います」と下平監督は言った。そして「自分たちが、どのチームとやってもチャレンジャーであることには変わりがないので、アウェーですし、思い切って、開幕戦に当たっていくしかないので、チャレンジ精神を持って思い切り当たっていきます」と敵地に乗り込む下平監督は語った。

 対するフィンク監督のスタンスは変わらない。平常心で臨む。「選手のコンディションや組み合わせを見極めて、目の前の試合でチームの最大値を発揮できる形を考えなければいけない。その上で、自分たちのサッカーが一定レベル以上で発揮することができるように、私自身にも昨年以上の柔軟性を求めながら、全員でシーズンを戦っていこうと思っている」とシーズンイン直後から話している。

 21日から3日間にわたり開催されるJ1全9戦の中で、トリを飾るのが23日16時から行われるこの試合。舞台はノエスタ。注目だ。

This article is a sponsored article by
''.