FC東京のDF柳貴博がベガルタ仙台へ期限付き移籍することが19日、両クラブから発表された。移籍期間は2020年2月18日から2021年1月31日まで。なお、契約により期限付き移籍期間中にFC東京と対戦するすべての公式戦には出場できない。

上写真=昨季は山形でプレーしたDF柳(写真◎J.LEAGUE)

木山監督と再タッグ

 FC東京アカデミー出身のDF柳は現在22歳。2016年にトップチームに昇格し、2017年にJ1デビューを飾ったが、2018年はカップ戦1試合の出場にとどまり、昨季はJ2のモンテディオ山形へ期限付き移籍。主にウイングバックとしてリーグ戦28試合に出場した。

 そして今季よりFC東京に復帰したが、ここまで3試合行なわれたAFCチャンピオンズリーグではメンバー外となっており、出場機会を求める形で再び移籍を決断。昨シーズン山形で指揮を執った木山隆之監督が率いるベガルタ仙台へ、期限付き移籍での加入が決まった。

 柳はFC東京のクラブ公式サイトで、「このタイミングで再び東京を離れる決断は簡単なことではなかったですが、ベガルタ仙台へ期限付き移籍をする決断をしました。成長した姿を東京に関わる全ての人に見せられるように仙台で結果を残したいと思います」とコメント。

 また新天地の仙台では、「ベガルタ仙台の勝利に貢献し、結果を出してチームに早く溶け込めるようにがんばります。よろしくお願いします」と意気込みを語った。

This article is a sponsored article by
''.