2月8日、シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUPが開催された。昨季J1王者の横浜F・マリノスは、PK戦の末に天皇杯王者のヴィッセル神戸に破れ、今季は黒星スタート。横浜FMのFW仲川輝人は終盤に訪れた決定機を逃し、ノーゴールに終わった。

上写真=横浜FMの攻撃をけん引したFW仲川(写真◎Getty Images)

■2020年2月8日 FUJI XEROX SUPER CUP 2020(埼玉スタジアム2002)
横浜F・マリノス 3-3(2PK3) ヴィッセル神戸
得点者:(横)M・ジュニオール、扇原貴宏、エリキ (神)ドウグラス、古橋亨梧、山口蛍

昨季のMVP&得点王

「Not his day」。もしもイギリス人記者がゼロックス杯を見ていたら、仲川輝人に対してこう言ったに違いない。現地の新聞などでよく使われる言い回しは、直訳すると「彼の日ではない」。つまり、この日の仲川は「ツキがなかった」と。

 73分にFWエリキのゴールが決まって3-3に追いつき、その後も横浜FMの猛攻が続くなか、82分に1対1のチャンスが訪れた。だが、コースを突いたシュートはGK飯倉大樹の好セーブに遭い、得点には至らず。2分後にはマルコス・ジュニオールからのスルーパスに抜け出し、GK飯倉をかわして無人のゴールにシュートを放ったが、今度は大﨑玲央の必死のカバーに防がれた。

 さらに89分、扇原貴宏からのロングパスを受け、飛び出してきたGK飯倉をかわして右足を振り抜くが、またしても、カバーに入ったフェルマーレンにクリアされた。3度の決定機はいずれも相手のスーパープレーに阻止された形だが、仲川は「決めなきゃダメ」とぴしゃり。「自分が決めればよかった。それだけだと思います」と、少し不機嫌そうに試合を振り返った。

 J1で優勝した昨季は、得点王とMVPをダブル受賞。今季は周囲の見る目も変わり、この試合でも厳しいマークを受けたが、「プレッシャーはない。むしろ自分自身にプレッシャーをかけている。今日みたいに外してしまったのが自分の課題」と語る。

「もっとエゴにならないと得点王にはなれない。チャンスを確実に決められるように質を高めていきたい」

 目標に定めるのは2年連続での得点王。さらなる高みを目指すからこそ、「ツキがなかった」とは言わない。

取材◎多賀祐輔


This article is a sponsored article by
''.