1月21日、宮崎県綾町錦原運動公園国際交流広場サッカー場でキャンプを実施している川崎Fが、熊本と45分×3本のトレーニングマッチを行なった。新加入のDF山根視来らがゴールを挙げ、8対1で熊本に勝利した。

上写真=熊本とのトレーニングマッチに出場したイサカ(写真◎サッカーマガジン)

■2020年1月21日 宮崎キャンプ・トレーニングマッチ(宮崎県綾町錦原運動公園国際交流広場サッカー場)※45分×3本
川崎F 8-1 熊本
得点者:(川)長谷川竜也、レアンドロ・ダミアン2、ジオゴ・マテウス、家長昭博、山根視来、小林悠、宮代大聖 (熊)オウンゴール

「結果にこだわっていきたい」

 Jリーグ屈指の攻撃力は、リーグ開幕前でも健在だ。J3熊本とのトレーニングマッチ(45分×3本)で1本目3点、2本目3点、3本目2点と、メンバーが代わってもゴールを重ねた。レアンドロ・ダミアンや小林悠ら、昨季もチームを引っ張った役者が得点したことに加え、新戦力のジオゴ・マテウス、山根視来にもゴールが生まれたことは、川崎Fにとって好材料だろう。

 そんな中、サイドバックで1本目と2本目に先発したイサカ・ゼインは、同じポジションのライバルの活躍に刺激を受けた。

「(サイドバックの)ミキくん(山根)とかマテウスが点を取ったけれど、自分はゴールに関わるようなプレーはできなかった。チャンスの場面でも最後のところで精度を欠いたので、そこはもっと改善できるところ。ポジティブには考えています」

 桐蔭横浜大学時代はサイドハーフとして攻撃的な役目を担った。だが、プレシーズンのトレーニングマッチとはいえ、不慣れなサイドバックでの出場。レギュラー取りへアピールするために、自身の特長は消さなかった。

「守備のことを考える時間が多かった。あとはポジショニングとか、そういうところは大学時代と全然違う。それらを考える点は大学時代とは変わりましたけれど、やっぱりオフェンシブにやるというスタイル自体は変わっていないですね」

 目先の目標は、川崎Fの今季初公式戦となる2月16日のルヴァンカップ清水戦に出場することだ。そのために、トレーニングマッチからどん欲に結果を追い求める。

「(リーグ開幕スタメンを)もちろん狙っているけれど、まずは2月16日のルヴァンカップを常に念頭において、毎日練習しています。右でも左でも、ポジションにはこだわらず、試合のメンバーに入って行くことを考えてやっています。こうしてまた試合に出たら、ゴールだったり、アシストだったり、結果にこだわっていきたい」

 今季から正式に川崎Fの一員となった韋駄天が、J屈指の強豪チームの定位置取りに挑む。

おすすめ記事

サッカーマガジン 2020年2月号

サッカーマガジン2月号増刊 第98回全国高校サッカー選手権決算号

This article is a sponsored article by
''.