3月29日、日本サッカー協会(JFA)は評議員会と2020年度第5回理事会を開催した。その席で反町康治氏の技術委員長就任が正式に決定。今後は日本サッカーの発展と強化に力を注ぐことになった。

上写真=昨シーズンまで松本山雅の監督を務めていた反町氏(写真◎Getty Images)

日本サッカーの明日を見据えて

 昨シーズンまで松本山雅FCの指揮を執った反町康治氏の技術委員長就任がこの日、理事会の承認を経て正式に決まった。

 反町新技術委員長のコメントは以下の通り。

「今回、技術委員会の委員長に任命され、日本サッカー界のこれからの強化の方向性を決めていく立場となったことに、決意を新たにし、覚悟を持って全力で取り組んでいきたいと思います。

 日本代表がワールドカップでさらなる高みへと到達するために、日本国内で何をすべきか、JFAアカデミーを含めた育成年代に何をすべきか、指導者は何をどう伝えるべきか、をしっかりと分析、把握し、それをアクションプランにしっかり乗せ、全国の皆さんに発信、実行していきたいと考えています。

『日本サッカーの明日』を常に見据え、準備、実行、検証を日々行っていきたいと思います」

 なお、すでに報じられている通り、これまで技術委員長を務めてきた関塚隆氏はダイレクターという立場となり、日本代表と五輪代表の強化に注力していくことになっている。

This article is a sponsored article by
''.