1月13日に幕を閉じた高校サッカー選手権では、集大成となる3年生だけでなく、下級生の活躍も光った。各チームで勝利の立役者となり、来年度以降の活躍も期待される1、2年生、注目のヤングガンズを紹介する

上写真=負傷明けで2試合のみの出場だった静岡学園の加納だが、インパクトは絶大。決勝では鮮やかな同点ゴールを決めた(写真◎小山真司)

負傷明けで輝いたストライカー

画像: 負傷明けで輝いたストライカー

加納 大
Haru KANO

2年/FW
静岡学園(静岡)

 県予選後に左ヒザを痛めたため、初出場は準決勝の交代出場。決勝で初めて先発し、61分に鮮やかな同点ゴールを決めた。そこで見せた見事なフィニッシュだけでなく、シズガクならではの技術や機動力も兼ね備える。

高くて強い『空飛ぶ要塞』

画像: 高くて強い『空飛ぶ要塞』

藤原 優大
Yudai FUJIWARA

2年/DF
青森山田(青森)

 連覇に近づいた青森山田の最終ラインを支えたCB。空中戦の強さは圧巻で、決勝では先制ゴールも。対人プレーにも強さを発揮し、陸空両面で相手に立ちはだかるプレーは、『空飛ぶ要塞』と呼ぶにふさわしかった。

攻撃力を支えたバランサー

画像: 攻撃力を支えたバランサー

川上 航立
Kotatsu KAWAKAMI

2年/MF
帝京長岡(新潟)

 中盤の底に入り、巧みに攻守のバランスを取ったアンカー。状況に応じて3年生アタッカーが周囲にいたり、いなかったりする中、複数の布陣を操って攻撃力を発揮したチームに欠かせない存在となっていた。

変幻自在のテクニシャン

画像: 変幻自在のテクニシャン

須藤 直輝
Naoki SUTO

2年/MF
昌平(埼玉)

 2年生ながらゲームキャプテンを任され、攻撃のリーダーとして君臨。預ければ簡単には奪われないドリブルは脅威で、巧みなトリックも交えながら相手を手玉に取った。力強いシュート、ディフェンスでも力を発揮した。

立ちはだかった1年生守護神

画像: 立ちはだかった1年生守護神

藤井 陽登
Haruto FUJII

1年/GK
矢板中央(栃木)

 守備範囲が広く、ハイボールにも果敢に飛び出して的確に処理。県予選から失点が続きながら、徐々に調子を上げたチームを最後尾で支えた。終了直前のPKで敗れた悔しさを晴らす機会は、あと2年間残されている。

文◎サッカーマガジン編集部 写真◎小山真司、山口高明、福地和男、近藤俊哉

This article is a sponsored article by
''.