高校選手権で連覇を目指す青森山田の主軸として活躍するスーパー1年生、松木玖生。今年度2回目の日本一を目指す逸材は1年半前、中学3年生のときに日本一を逃している。あの夏の涙は、この冬に喜びの涙に変わるのか。

上写真=中学3年時、全国中学校大会で5連覇を目指した松木。青森山田中の主軸として圧倒的な存在感を放っていた(写真◎石倉利英)

同点PKも5連覇はならず

 1月2日、埼玉県のNACK5スタジアム大宮。米子北(鳥取)との初戦、連覇を目指す青森山田(青森)の背番号7を背負う1年生が、高い打点のヘッドでチームの大会初得点を挙げたプレーを見て、「あのころは、まだ幼い感じがしたけどな」と、1年半前の試合を思い出していた。

 松木玖生(まつき・くりゅう)のプレーを初めて見たのは2018年8月。鳥取県のとりぎんバードスタジアムで行なわれた、全国中学校大会の決勝だった。1970年に始まった同大会で、前年まで歴代最長の4連覇を成し遂げていた青森山田中が、5連覇を懸けて日章学園中(宮崎)と対戦。青森山田中の10番を背負い、キャプテンを任されていたのが松木だった。

 公式記録では気温35度、山陰特有の蒸し暑さの中での一戦。4-2-3-1のセカンドトップに入った松木は、利き足の左足から繰り出す正確なキックを武器に攻撃を組み立て、自らもゴールを狙った。押しも押されもせぬチームの中心として、威風堂々とプレーしていた。

 青森山田中は26分(30分ハーフ)に先制されたものの、後半残り10分を切った52分にPKを獲得し、松木がGKの逆を突いて蹴り込んで同点とする。だが57分、逆にPKを与えて勝ち越しを許すと、その後の猛攻も実らず1-2で敗れ、5連覇は夢と消えた。

画像: 同点PKを決めた松木はスタンドに駆け寄って応援団とハイタッチ。だが5分後に勝ち越された(写真◎石倉利英)

同点PKを決めた松木はスタンドに駆け寄って応援団とハイタッチ。だが5分後に勝ち越された(写真◎石倉利英)

 1年時と2年時もメンバー入りしていた松木は、控えだった1年時は5試合中3試合に途中出場して3連覇を、2年時はレギュラーとして全5試合にフル出場して4連覇を、それぞれ経験はしている。3年時はキャプテンを任され、大量リードを奪って終了間際に退いた1試合を除き、ほぼフル稼働してチームをけん引。決勝のPKを含めて5試合で4得点を決めたが、チームを優勝に導くことはできなかった。

This article is a sponsored article by
''.